羽子板・破魔弓 雛人形 五月人形 鯉のぼり 日本人形 ぬいぐるみ
初めての方へ ご利用方法 安さの秘密 お客様写真館 Q&A 実店舗ご案内 お問い合わせ

五月人形のあれこれ

『節句の意義』 〜端午の節句(五月人形)

端午の節句とは?

赤ちゃんが生まれて、初めて迎えるお節句を初節句といいます。五月五日のこどもの日がこの日にあたり、正式には「端午の節句」といいます。それは、古来中国から伝わった五月の初めの午(うま)の日という意味から始まったものですが、奇数月の同じ数の重なる日をめでたいといたことから五月五日に定着しました。

なぜ、五月人形を飾るのでしょうか?

長い武家社会の中で、鎧や兜は男子にとって非常に大切なものでした。戦いの身体防護として鎧、兜は身を守るという大切な役目を持っていたため、今日では、その精神を大事にし、五月人形として鎧や兜を飾るようになりました。男の子の誕生を祝い、無事に成長して、強く、立派な男子となるようにとの家族の願いがあります。つまり、鎧・兜が身を守って、その子に災いがふりかからないよう、受験、就職、結婚など、人生の幸福に恵まれますようにという思いが込められているのです。

なぜ、菖蒲(しょうぶ)を飾るのでしょうか?

男の子にふさわしい「勝負」や「尚武」に通じていることや、花がこのシーズンに咲くことから、菖蒲は端午の節句に欠かせないものとなっています。菖蒲の葉や根を刻んで、湯に入れると健康に良いとされています。

どんな人形を飾ったらいいのでしょうか?

五月人形の飾りには大きく分けて、外飾り(鯉のぼりや武者幟)と内飾り(鎧、兜飾りや子供大将飾り)があります。本質的には、立身出世を願う鯉のぼりと、子供の無事な成長を願う内飾りは意味が違うので両方飾ることが望ましいのですが、地方によっては鯉のぼりをメインに内飾りは形だけという地方もありますし、内飾りをメインに、鯉のぼりは小さなものにするという地方もあります。

五月人形は誰が買うのでしょうか?

一般的には、お嫁さんの実家から贈られるとされていますが、今日では、可愛いお孫さんのために両家で折半にすることもあります。鯉のぼりはお嫁さん側で、五月人形はご主人側で用意することもあるようです。しかし地方によっては、しきたりがはっきり残っている場合もあるようです。

五月人形はいつからいつまで飾るのでしょうか?

春分の日頃から四月中旬ごろまでには飾りたいものですね。そして、一番重要なのは、毎年人形を飾ることです。年一回のお祭りですので面倒くさがらずに、毎年飾ることによって、ご家族の願いもきっとかなえられるでしょう。季節の節目という節句の由来を考えると、五月中旬ごろまでの天気の良い日にしまいたいものです。もちろん、鯉のぼりも同様です。

どのようにお祝いしたらいいのでしょうか?

本来は五月五日の当日、または五月四日の晩(宵節句といいます)両家の両親やお祝いをくださった方、普段親しくしている方々を招きます。お祝いをいただいたら、内祝いとして子供の名前でお返しをします。古くから、ちまき、または柏餅が多く使われます。お礼の手紙に、お赤飯などを添えて贈るのが本来のかたちです。赤ちゃんのスナップ写真を添えると、なお喜ばれるでしょう。ただし、お祝いをいただいた方たちをお祝いの席に招待できればお返しの必要はありません。

次男、三男が生まれたらどうすればいいのでしょうか?

子供が無事に、立派に成長するようにとのお祝いであり、五月人形は赤ちゃんの身代わりとなって厄を受けているのですから、基本的には一人一人のお守りなのです。神社のお守りを割って二人で分けることはしないのと同様に、父親の五月人形を譲り受けたり、兄弟兼用にするのは避けたいですね。何かの事情で人形を持っていられなくなったら、日本全国各地で人形供養がおこなわれていますから供養を受けてからおさめてもらうといいでしょう。

What is the meaning of 『sekku』?

What is Tango no Sekku?

The first sekku after a baby was born is called hatsu-zekku. The 5th of May is this day for a baby boy and officially called Tango no Sekku. This originally comes from ancient China,meaning the first horse date in May.And May 5th was fixed because the day and month having the same number is a matter of congratulations.

Why gogatsu ningyo is set out?

In the long history of samurai society,yoroi(armor)and kabuto(helmet) are very important.As they have an important function to protect the body,at present yoroi and kabuto are set out to respect this spirit. The family celebrates a boy's birth and wishes for sound growth to become a strong and excellent man. In other words,protected by yoroi and kabuto,the family protects against a disaster and gives blessings in life, such as success in entrance examinations,finding a good job and getting married.

Why iris are set out?

The iris is called “shobu”in Japanese which has the same pronunciation as the words meaning“competition”and“militarism”.This flower is in bloom during this season so that the iris is essential for Tango no Sekku. Cutting the leaves and root of the iris and putting them into a hot bath is good for health.

What kind of dolls should be set out?

Decorations of gogatsu ningyo can be roughly divided into two types: external decorations(koinobori,carp streamers,and mushaenobori,samurai flags and banners)and internal decoration(yoroi and kabuto decorations as well as kodomo taisho,a child's general decoration). Essentially,the koinobori which are a wish for success in life and the internal decorations which are the hope for the hildren's sound growth have different meanings , so it is desirable to set both out. However,depending on the locality,some mainly use koinobori and internal decorations are just a matter of form,and other areas mainly use internal decorations and have some small koinobori.

Who should buy gogatsu ningyo?

Generally speaking,it is said that parents of the bride should present them,but currently for adorable grandsons,the cost may be shared by both families. It is said that the koinobori is prepared by the bride side and the gogatsu ningyo are purchased by a husbandside. Depending on the locality, there is clear reminder of the old tradition.

How long should gogatsu ningyo be set out?

They should be set out from Shumbun no Hi(Vernal Equinox Day,May21)to the middle of April.The most important thing is to set out the doll every year. This is an annual festival.By doing so every year,without a feeling that it is burdensome,the family wishes will be sure to come true. When considering the original meaning of sekku as a marked event for the change of the season,gogatsu ningyo should be put away by the middle of May on a fine weather day.It is the same for koinobori.

How should we celebrate?

Originally on May 5th or the night of May 4th(called yoizekku)grandparents of both families and people who gave presents and close friends are invited. Reciprocal gifts are sent in the name of the child as a small present given on the occasion of a family elebration.From ancient times,chimaki(rice cakes wrapped in cogon grass or bamboo leaves)or kashiwamochi(rice cakes filled with sweet bean paste and wrapped in oak leaves)are commonly used. A baby picture with a thank-you letter would be better.However,when people who gave presents are invited to a banquet,there is no need send them a reciprocating gift.

What should we do when the second and the third sons are born?

The gogatsu ningyo is wishing for a child's sound growth and happiness and receiving bad luck in the place of the baby.Therefore, basically they are individual good-luck charms.The same way that an amulet from a temple or shrine is not divided between two people, strictly speaking, passing down a father's doll or sharing one gogatsu ningyo among brothers is not appropriate.It is desirable for the second and third sons to be celebrated by individual gogatsu ningyo. If there is any reason for you to discard any dolls,and doll memorial service is held at tempels all over Japan and it is recommended to donate your dolls after this ceremony.

男儿节的意义 ― 男儿节 ―

1 端午的节日是什么?

婴儿出生的头一个正月,第一次迎接的节日,日语中把其称为
“初正月”。阳历五月五日与端午节重合,也叫“菖蒲节”,这一天也称作“男儿节”。最初在中国是指每月第一个“午”的日,由于“午”和“五”发音相同,所以后来专指5月5日,5月5日的节日。
江户时代以后演变为男儿节,直到现在,一直作为一个日本国民节日而庆祝。

2 为什么、要摆设偶人呢?

在长久的武士社会里,盔和甲是男儿非常重要的东西。
战争中为了保护身体,盔和甲起了非常重要的作用。
在今天,为了发扬这种精神,有了摆设偶人,盔和甲的习惯。为了庆祝男孩子的诞生,用摆设盔和甲来祈祷上天照看好自己的孩子,祈求男孩的平安、事业成功和未来的人生幸福。

3 为什么、要摆设菖蒲呢?

“菖蒲”日文的读音与“比赛” “尚武”是谐音,正适合男孩子。因为在这个季节开花的是菖蒲,所以在端午节菖蒲成了不可缺少的东西。菖蒲的叶子以及根,用热水泡来洗澡有利于健康。

4 用什么样的偶人来摆设是比较好的呢?

五月摆设大致分为两种,外摆设(悬挂鲤鱼旗)和内摆设(偶人、盔和甲、)。原本的意思是:悬挂鲤鱼旗是象征着男孩子们象鲤鱼那样生动活泼,茁壮成长。在屋里供武士偶人或钟馗,钟馗传自中国,传说他可除家厄去病魔。两种方式代表的意义不同,两种摆设同时摆设的人们也很多。各个地方的风俗习惯不同,有以悬挂鲤鱼旗为主的地方,也有以在屋里供武士偶人或钟馗为主,悬挂小的鲤鱼旗的地方。

5 五月摆设要谁买呢?

一般的情况下,应该是妻子的娘家送的贺礼。在现在,为了可爱的孙子两家一人一半的家庭也很多。
妻子的娘家送鲤鱼旗,丈夫家送武士偶人的也有。不过有的地方,很清楚地把惯例留了下来。

6 五月摆设该从什么时候摆设到什么时候呢?

从春分时分起到4月中旬就可以开始准备摆设五月偶人。最重要的是每年要摆设五月偶人供奉。每年一回的祭祀,不要嫌麻烦,每年都实行五月偶人的祭祀,家族的愿望一定也会实现的。当考虑到由于季节转换而有了这个节日的原因的时候,到了五月中旬左右晴朗的日子里就该把五月偶人收拾起来。鲤鱼旗也是同样的。

7 该怎么祝贺男儿节?

原本是在5月5日的当天或者5月4日的晚上(也叫傍晚节日)邀请两家的双亲以及送了贺礼的人们和亲近的朋友来祝贺。接受了贺礼以后,以小孩的姓名答谢家族的庆贺。从古时候起,粽子和柏叶糕被多量使用。用礼仪的信件和赤豆煮饭是基本的方式。附加上婴儿的照片会感到更高兴。参加了祝贺酒席的亲戚朋友是不用还礼的。

8 当次男,第三个儿子出生了的时候,怎么办才好吗?

为了祝贺小孩平安与出色成长,玩偶在5月变成婴儿的替身接受灾难。所以基本上是一个人一个人的保护神。保护神不可以分成两半来保护一样,父亲的偶人让给儿子、哥哥的偶人和弟弟一起用这样是不好的。次男,第三个儿子也要有自己的偶人来保护。如果不在需要五月偶人的时候要送到偶人供养所去。


| 初めての方 | | ご利用方法 | | 安さの秘密 | | カタログ請求 | | Q&A | | お問い合わせ |

秀光人形工房ではみなさんとの相互リンクを常時募集しております♪♪
是非みなさん力作のHPやプログ、みなさんのためになるようなHPを開かれている業者さんと相互リンクさせて下さいね!
 ←よろしければこちらのバナーを使用して下さい♪
©2007 shukoh-ningyo koubou All Rights Reserved.