羽子板・破魔弓 雛人形 五月人形 鯉のぼり 日本人形 ぬいぐるみ
初めての方へ ご利用方法 安さの秘密 お客様写真館 Q&A 実店舗ご案内 お問い合わせ

ちいさくてかわいい ここはる-心春-シリーズ
黄櫨染特集
名前入れ特集 雛人形収納特集
被布プレゼント お名前刺繍木札 お名前タペストリー

おひなさまと一緒に飾って、にぎやかひな祭り 初節句の御祝いギフトにもぴーったり♪

吊るし飾り特集 舞踊人形特集 市松人形特集
木目込み人形の巨匠3人が作ったマカロンお雛様
名匠の作った本格木目込み人形と
他にないデザインの台を組み合わせ、
伝統工芸の技と新感覚を取り入れることにより、 
長きにわたり愛される新しいお雛さまが誕生しました!
木目込み人形の人気作家 3人の巨匠の雛人形
贅沢に美しくという
言葉がぴったりの
鈴木賢一のお雛様
無形文化財指定 雛人形伝統工芸士【鈴木賢一の想い】己の人形への思いを、己にしかできない表現で表現したいそしてそれを実現すべ技術を磨き、広めたい。

江戸木目込人形作家の第一人者の
鈴木賢一。
作品は皇室に献上されたこともあり、2004年には埼玉県の無形文化財にも指定されました。
人形創作暦70余年は、数々の賞を受賞した人形 創作暦70余年は、一つ一つが「名人賢一の技」。美しい独特の形、そして表情と動きを感じさせる。シンプルかつ豪華で飽きのこない本物の品々を造り続けました。
平成22年6月、鈴木賢一が人形作家としての人生を全うした後も、人形造りへ対する賢一の魂は弟子たちに受け継がれています。
やさしさと上品さを兼ね備え、独特な雰囲気を醸し出している師の作品は、木目込人形のもつ不思議な魅力と重なり、一層味わい深く感じられます。

【鈴木賢一のあゆみ】
昭和6年御所人形の野口光彦に
師事。
昭和28年第5回現代人形美術展
特選。
昭和31年第12回日展入選。
昭和46年第18回日本伝統工芸展
入選。
昭和54年伝統工芸士に認定
される。
平成2年勲六等瑞宝章受賞。
平成5年皇太子殿下ご成婚の
お人形製作。
天皇、皇后両陛下への献上品製作。
昭和13年人間国宝小宮康孝染色江戸小紋をひな人形にとり入れる。
平成16年無形文化財に認定される。

埼玉県指定文化財、江戸木目込人形作家。 数々の賞を受賞し、日展や各種工芸展にて成功を収める。

女流木目込作家の
第一人者木村一秀の
気品あふれるお雛様
通商産業大臣(現・経済産業大臣)指定伝統工芸士【木村一秀の想い】 
時代とともに姿を変えた雛人形
ですが、女の子の健やかな成長
を願うという想いはずっと変わ
らない。

江戸時代からの伝統手法を受け継ぎながらも現代 感覚を調和させて造り上げているお雛様は、女性ならではの色彩感覚には定評があり、毎年ネオクラシックをテーマにした新作を発表します。
長年の功績により通産大臣指定伝統工芸士にも認定され、女流木目込作家の第一人者でもあります。

【木村一秀のあゆみ】

1948年、木村弁之助(一秀)による創業以来、江戸時代の元文年間にはじまる木目込み人形の伝統技法を受け継ぐ一秀。
伝統とは革新の積み重ねであるとの考えのもと、常に新しい素材・感覚を追求し、胴体や着物についてもその時々の最良の素材を研究開発することでひな人形に新しい価値を吹きこんできました。
古典美に現代感覚を取り入れ、洗練された気品を漂わせる優雅な人形は、時代を超えて多くのお客さまに愛され、高く評価されています。
いまでは、新ブランドの秀櫻をはじめ綾乃ブランドなど、新ブランドを多数立ち上げ、その動向には今後も目が離せない。
気品あふれる木目込み人形をお届けしています。

和やかで華のある
雰囲気のお雛様が
人気の喜久絵
伝統工芸士【喜久絵の想い】 
女の子の一生の宝物。飾って
いて思わず笑みがこぼれるよう
なお雛様』を作りたいと思い
続けております。

喜久絵の作品は、愛らしい印象が特長。
女性作家ならではの感性で造り上げられる人形は、どこから見ても愛らしく繊細な姿をしており、やさしい笑顔と丸みを帯びたお顔が幼子のよう。
和やかで華のある雰囲気のお雛さまが人気。

【喜久絵のあゆみ】
昭和45年東玉工房に入門し風俗
人形作家の戸塚玉芳に師事する。
昭和60年雛人形師 藤比呂泰の
もと有職親王雛の製作を学ぶ。
平成元年工芸作家 鈴木賢一に
師事。江戸木目込人形の製作に
従事する。
平成5年東玉工房コーディネート
アドバイザーに就任 。
平成12年東玉工房女流作家と
して喜久絵シリーズを発表する。
平成16年節句人形工芸士に認定
される。
平成20年新商品桜華シリーズを
発表する。
マカロンお雛様のこだわり1 台屏風の素材
マカロンお雛様のこだわり2 コンパクトなサイズ
マカロンお雛様のこだわり3 デザイン
マカロンお雛様のこだわり4 人気巨匠作家のお人形
木目込み人形とは
雛人形の中には「木目込み」という独特の方法で作られるものがございます。 
桐糊(桐の粉を糊を混ぜたもの)を固めたボディ(胴体)に溝を掘り、そこに金襴や
友禅などの布地の端を埋め込んで(木目込む)。
衣裳を着せたように着せ付けて見せていくお人形のことです。 
埋め込むことを「きめこむ」ともいったところから、 木目込(きめこみ)人形と
呼ばれるようになりました。 
1740年頃、京都の上賀茂神社の祭事用柳箪(奉納箱)を作った職人が
その残片で木目込人形を作ったのが始まりであるとされ、300年近い歴史を
持つ伝統のある人形です。
特徴としては、丸みのあるお顔と体が愛らしくやさしい印象です。
かわいいだけじゃない!名匠の伝統工芸の技に遊び心をプラスした素敵な雛人形『マカロンお雛様』シリーズは、全3種類!
鈴木賢一作
木村一秀作
喜久絵作
無料
ひな人形・五月人形 カタログ請求受付中!
雛人形カタログ・五月人形カタログを無料で、お届け致します!!
大判のB4サイズ(26cm×36cm)、全ページフルカラーです。
当店の雛人形・五月人形の品質の良さを是非じっくりとお確かめ下さい。

| 初めての方 | | ご利用方法 | | 安さの秘密 | | カタログ請求 | | Q&A | | お問い合わせ |

秀光人形工房ではみなさんとの相互リンクを常時募集しております♪♪
是非みなさん力作のHPやプログ、みなさんのためになるようなHPを開かれている業者さんと相互リンクさせて下さいね!
 ←よろしければこちらのバナーを使用して下さい♪
©2007 shukoh-ningyo koubou All Rights Reserved.
雛人形専門店 秀光人形工房