羽子板・破魔弓 雛人形 五月人形 鯉のぼり 日本人形 ぬいぐるみ
初めての方へ ご利用方法 安さの秘密 お客様写真館 Q&A 実店舗ご案内 お問い合わせ

縺。縺縺輔¥縺ヲ縺九o縺縺縲縺薙%縺ッ繧-蠢譏・-繧キ繝ェ繝シ繧コ
鮟讚ィ譟鍋音髮
蜷榊燕蜈・繧檎音髮 髮帑ココ蠖「蜿守エ咲音髮
陲ォ蟶繝励Ξ繧シ繝ウ繝 縺雁錐蜑榊絢郢肴惠譛ュ 縺雁錐蜑阪ち繝壹せ繝医Μ繝シ

縺翫イ縺ェ縺輔∪縺ィ荳邱偵↓鬟セ縺」縺ヲ縲√↓縺弱d縺九イ縺ェ逾ュ繧 蛻晉ッ蜿・縺ョ蠕。逾昴>繧ョ繝輔ヨ縺ォ繧ゅエ繝シ縺」縺溘j笙ェ

蜷翫k縺鈴」セ繧顔音髮 闊櫁ク贋ココ蠖「迚ケ髮 蟶よ收莠コ蠖「迚ケ髮

お雛さま飾り方親王飾り段飾りコンパクト収納
お雛さましまい方親王飾り段飾りコンパクト収納


男雛と女雛を中心に、後ろに屏風を立て、両脇に雪洞(ぼんぼり)を配したシンプルな飾り方です。
ミニタイプは手軽にどこでも飾れて、しかもしまう時も小さく収納出来るので、都市部を中心に大人気です。

画像をクリックすると拡大画像がご覧頂けます☆
親王飾りのしまい方へ

親王飾りお買い物ページへ


1.最初に『台』と『屏風』を飾ります。
飾る場所にあわせて台をセットします。
台を置いた状態で不安定な場所や、小さいお子様の手が届くような場所は避け、なるべく皆さんが気軽に見る事が出来る場所を選びましょう。
台は上下や前後の違いがある事が多いので、間違えないように組み立てます。屏風は台の中心に来るように左右のバランスに注意し、丁寧に置きます。この時、左右の開きは台から少しはみ出るくらいの方が大きく見えて立派です。グラグラしたり不安定な場合は、後ろに添え物等をして固定させます。屏風を台に置いたまま左右に引きずると台に傷が付く恐れがあります。また、後から設置場所を変える時は、全てのものを外して、
最初からやり直して下さいね。


2.お人形以外の付属物を全て飾ります。
取り出す時には必ず入っていた状態を覚えておいて下さい。
まず、雪洞(ぼんぼり)を両側に立て、その前にお花を飾ります。
親王様が乗る台を組み立て、繧繝(うんげん・立て縞の模様)が前に来るように飾ります。その前に三宝や菱餅などを置きます。
菱餅やお花、雪洞の風袋(ふうたい・上部の丸い部分)には前後上下の違いがあります。
全て飾り終えたら、左右均等にバランス良く並べてあるか、もう一度確認します。グラグラしたり、不安定な場合は、お手持ちの両面テープなどで固定して下さいね。


3.お人形を桐箱から取り出します。
取り出す時には必ず入っていた状態を覚えておいて下さい。
お人形のお顔には保護の為の紙が巻き付けてありますので、優しく取り外します。お人形のお顔は胴体に刺さっている状態なので、左右に首を振ります。必ず手袋等をして、後ろから優しくお顔を振りますと、お顔を左右に動かす事が出来ます。頭の部分を上に引っ張ると取れてしまうのでご注意下さいね。お人形には小道具を持たせたり烏帽子をかぶせたりします。
落ち着いて少しずつ動かしながら優しく取り付けて下さい。
お姫さまを向かって右側に置きます。京風の場合は反対側に置きます。


4.最後にもう一度全体のバランスを見直します。
基本的に左右が対称になると立派に見えます。
絵柄が裏側になっていないように配置して下さい。

全体を見回したら完成です!
可愛いお菓子やひなあられ、白酒などを一緒に飾ると良いですね。
両側には、頂いた舞踊人形や贈り物などを飾ります。
紅白梅や菜の花等の季節のお花を添えられると更に雰囲気が
盛り上がりますね!


全ての飾り方や付属物がこの通りとは限りません。代表的な例ですのでご了承下さい<(_ _)>



| 初めての方 | | ご利用方法 | | 安さの秘密 | | カタログ請求 | | Q&A | | お問い合わせ |

秀光人形工房ではみなさんとの相互リンクを常時募集しております♪♪
是非みなさん力作のHPやプログ、みなさんのためになるようなHPを開かれている業者さんと相互リンクさせて下さいね!
 ←よろしければこちらのバナーを使用して下さい♪
©2007 shukoh-ningyo koubou All Rights Reserved.