• トップ
  • 読みもの
  • お人形トリビアトップに掲載
  • 初節句のお祝いってどうやれば良いのかな?

初節句のお祝いってどうやれば良いのかな?

初節句を迎えるということ

女の子の赤ちゃんが初めて上巳の節句を迎えることを「初節句」と言います。
上巳の節句とは、一般的に旧暦ではなく現在の太陽暦の3月3日を差します。
産まれてはじめてのひな祭りの日が初節句という訳ですね。

お宮参りを済ませていない場合は、初節句を翌年にまわす慣習地域が多いようです。
誕生後の初めてのお祝いはお宮参りから始まるとされているためですね。

初節句のお祝いの日の設定は無理しない日程で


本来はお節句の当日にお祝いするのが一般ですが、前の晩(宵絶句といいます)やお節句の前の土日などを利用してお祝いされる方も多いようです。
お祝いをする日はなるべくたくさんの方にご一緒して頂くためにも、ご都合に合わせて設定して頂いて構いません。

両家の両親やお祝いをくださった方、普段親しくしている方々をお招きしてお祝いします。

お子さまの健やかな成長を願って、みなさんにかわいい姿をお披露目するためにも、なるべく堅苦しくならずにみなさんに楽しんでもらえるように配慮して頂ければ、より楽しい時間を共有して頂けると思います。

お祝いに欠かせないお料理はカラフルに

お祝いのお料理は「お雛ちらし」と「はまぐりのお吸い物」が定番ですが、そのほかに色鮮やかに盛ったサラダや、菱餅に見立てたケーキやムースなどのデザートをご用意なさる方も多いようです。
あとはお刺身でも用意すればバッチリ。
基本的に海のもので揃えるのが良いとされている地域が多いようです。

また、お祝いで食べた「はまぐり」の殻はよく洗って、お雛様前に飾る「おひな菓子」の器にしても風流ですし記念にもなりますよ。

お祝いを頂いた方への感謝を伝えましょう

もう一つ、悩むのが「お祝い返し」かと思います。

親戚や知人などから初節句のお祝いをいただいたら、内祝いとして子供の名前でお返しをします。
お礼の手紙に、お赤飯などを添えて贈るのが本来のかたちです。
雛人形と一緒に撮影した赤ちゃんのスナップ写真を添えると、なお喜ばれるでしょう。
ただし、お祝いをいただいた方たちをお祝いの席に招待できれば、お返しの必要はありません。

あとは、ご一緒いただいた方々と赤ちゃんを、心ゆくまで楽しく遊ばせてあげてくださいね。
一番大事なことは、たくさんのみなさんに赤ちゃんの成長を見守って健やかな健康を願ってもらう事ですものね。