• トップ
  • 読みもの
  • お人形トリビア飾り方・収納トップに掲載
  • お雛様のお手入れ&しまい方

お雛様のお手入れ&しまい方

いつまでも綺麗に飾ってあげたいから

お手入れの方法や、しまい方のワンポイントアドバイスを職人から伝授◎
種類別にご紹介します!

アクリルケースのお手入れ

付属の毛ばたきで全体をはたきます。
叩く、というよりも撫でるようにホコリを落とすと効果的です。
フチや枠、上面にホコリが溜まりやすいので重点的に◎
 

アクリルケースの透明部分は擦るとキズがついてしまいます。
汚れが目立つ場合は、柔らかい布(Tシャツ素材や手ぬぐいなど)で軽く撫でるように拭き取って下さい。

ガラスケースのお手入れ

アクリルケースと同じく、付属の毛ばたきで全体をはたきます。
叩く、というよりも撫でるようにホコリを落とすと効果的です。
フチや枠、上面にホコリが溜まりやすいので重点的に!

ガラスケースの場合は、市販のガラスクリーナーで透明部分を磨くことが出来ます。
柔らかい布(Tシャツ素材や手ぬぐいなど)にガラスクリーナーを少量つけ、水分がなくなるまで拭けばOK!
しまう時などに磨いてあげると透明度が増します。
 

ご自身で並べて飾れるお雛様のお手入れ

付属の毛ばたきで全体をはたきます。
叩く、というよりも風を起こす程度でOK!
飾り台や屏風のフチはホコリが溜まりやすいので、撫でるように落とします。

お手入れの頻度は?

飾っている環境にもよりますが、週1_~2回程気になる時にホコリを落としてあげましょう。
毛ばたきが無い時は、柔らかい布やはたきで代用して下さい。
※3万円以上のお雛様には毛ばたきをお付けします。

しまう時はどうしたらいいの?

いつものお手入れと同じようにホコリを落としたら、それぞれの箱にしまうだけ。
入っていた時と同じように収納すると◎
飾る前に箱を開けた時の収納状態を写真などで残しておくと、しまう時にスムーズですよ。

しまい方ワンポイントアドバイス

約10ヶ月しまったままのお人形たち。
ジメジメしたところに置いておくとカビが生えてしまいます!
乾燥した日にしまう、乾燥剤(シリカゲルなど)を入れておくとカビの予防になりますよ。