• トップ
  • 読みもの
  • お人形トリビア飾り方・収納トップに掲載
  • 五月人形と鯉のぼり、どっちも飾るの?

五月人形と鯉のぼり、どっちも飾るの?

役割と意味が違うんです!

五月人形と鯉のぼりの二種類がある端午の節句。
どちらも男の子の為のものですが、意味と役割が違うんです!
だから、両方揃えれば厄災が多い端午の節句はバッチリ◎

五月人形(兜と鎧)の役割と意味

健康と出世を願い、お子様のお守りとなるのが兜や鎧です。

お人形は、お子様の「身代わり人形」となって
その子の代わりに病気や厄を引き受け、守ってくれます。

また、大きくなったら出世できるように。
初陣(社会)に出た時に、自分の身を守り活躍できるように兜や鎧を贈ります。

鯉のぼりの役割と意味

神様に「ここに男の子が生まれました!」とお知らせするのが鯉のぼりの役目。

神様がお子様を見つける時の目印として、招代(おきしろ)の棒を立てたのが始まりで
その棒に吹き流しをつけるうちに、現在の鯉のぼりになりました。
神様に見守ってもらうためにも、堂々と飾ると◎

また「武者幟」や「鍾馗旗」も鯉のぼりと同じ役割となります。
 

小さくても両方ほしい!

大きな鯉のぼりや五月人形はうちには難しい…
そんなご家庭のために、安くても格好いいタイプや小さくて簡単に飾れる
五月人形と鯉のぼりを沢山つくりました◎

ぜひ、お子様のために両方でお祝いしてあげて下さいね。